東大生のリアルな日常

毎日の出来事や思ったことをつらつら書いていきます、、、

家庭教師の面談で。。

先日、家庭教師の面談をしてきました。

 

お相手は20代の4浪くらいの医学部志望の女性でした。

 

時給もそこそこ高くて最初はやる気が出てたんですが、面談場所の秋葉原までしっかり30分前ほどに着いて待機していました。

 

30分後にお相手の到着!

 

よろしくお願いしますと言ってから早速面談が始まります。

 

面談までに自分の模試の結果をお送りしていました。

 

面談始まって早速、〇〇さん(私)の数学の成績、悪くありませんか??

 

僕はびっくりしました笑

 

自分の得意科目が数学だっただけにびっくりしました。あと、割と直球で聞いてきたので、、、って一瞬たまりました笑

 

その後も時給の話や約束事などを話しているのですが、なんとなく話し方がどこか上から目線であまり良い気がしません笑

 

確かに雇われる側なので僕が文句を言う筋合いはないのですが、それでもなんだかなーって感じです笑

 

得意科目を聞かれた時に、物理がめちゃくちゃ得意ですっていうと、物理は勉強しないので結構です。って言われました。

 

お、おお、、ってなりました笑

 

そんな言わないでもいいジャーン的なね、、笑

 

僕もなんとなくどんどん教える気がなくなってきました。というか、うまくやっていける気がしないのです。

 

時給だけを考えて教えるのもアリかなと思いましたが、やっぱり教師をするんだったら合格させてあげたいし、、

 

でも、合格させてあげたいと心の底から思えるような子でもないし、、

 

結局、その子の家庭教師はしないことにしました。

 

確かに医学部志望してたら周りが見えなくなるし、家庭教師を雇う立場だったらちょっと上から目線で私に接するのも全然理解ができます。

 

ただ、それをする生徒と、しない様な平等な目線で一緒に勉強を頑張れるような生徒と、どっちを合格させてあげたいかという話です。

 

私は時給よりもその生徒と性格が合うか、合格させてあげたいと心の底から思うか、成長させてあげたいと思えるかが重要だと思っています。

 

どんだけ周りが見えなくなるほど努力をしていても、それをサポートしてくれる人に対する配慮だけは忘れないようにしたいものです。。