東大生のリアルな日常

毎日の出来事や思ったことをつらつら書いていきます、、、

進振り(進学選択)の話。

合格発表の日(http://healtper.hatenablog.com/entry/2017/06/14/214719)

から早一年が経ちました、、、笑

 

この一年間は長いようでやっぱりあっという間でしたねぇ。

 

 

さて、東京大学には進振り制度というものがあります。

 

1年生と2年生の前半は全員が教養学部という学部で、その字の通り教養!!!を学びます。(興味ないことが多すぎてやる気でない)

 

ただ、2年の後半からはいよいよ、あ法学部、あそ文学部、む理学部などに進むことになります。

 

そこで自分の興味あるところに進むのですが、自分が行きたいところに確実に行くためには教養学部でいい成績を残さないといけません。

 

落単ばっかしてるとインド哲学専攻などに飛ばされます。(誰が興味あるねーん)(興味ある人いたらごめんなさい)

 

もし、東大行きたい人がいたらしっかり自分の学部の点数を確認しておきましょう。ちなみに平均は73ほどです。

 

あ、私は農学部に行って生物の勉強でもしよっかなと考えています。

 

駒場での勉強は大変でした。

 

自分たちで実験を考えて英語で論文を書く授業や、英語で自撮りをして先生に提出する宿題が課される授業や、みんなの前で英語だプレゼンさせられる授業など、しんどかったですねぇ。(全部英語)

 

こっから自分たちの興味のある勉強ができると思うと楽しみです。

 

ではでは。