東大生のリアルな日常

毎日の出来事や思ったことをつらつら書いていきます、、、

東大で9ヶ月過ごして

お、お久しぶりです笑

 

ブログの更新をするのもほぼ7ヶ月ぶり?くらいになります笑

 

かの東大で過ごしてみて、リアルな感想を述べていこうかなと思います。

 

東大の授業

 

あの天下の東大ですからかなりハイクオリティな授業をするとみなさん思うでしょう。

受験時代の僕もそれに憧れてお勉強を頑張ってまいりました笑

 

実際に受けてみた感想を述べましょう。。。

 

おもんなさすぎわろた。

いや、ほんとこれなんですよ。

 

おお!ってなる授業にまだ僕は出会えていません!!!

 

送り仮名をミスる教授や何を喋ってんのかわからない人、そして黒板から目を離さない人までほんと色々いますけど、、、、全員おもん(略

 

これが日本一の授業風景かよってくらいみんな授業中はスマホいじったり寝たりのどっちかです笑

 

まあ、確かに東大は1年生の間は教養学部と言って専門的な勉強はほとんどせず、2年生になって法学部や農学部など自分が行く学部を決めて初めて専門的な勉強をします。

 

それまで自分の興味のないことを勉強する意味があるのかどうか、僕にはわかりません。

 

ただ東大さん曰く、教養を身につけることは大事!!!らしいです()

 

最近僕は一つ思っていることがあります。

 

東大に行ったからといってみんなが研究者になる訳ではありません。

 

単位を取るためだけに一夜漬けで勉強をし、授業に出るだけでて全く聞かずに寝たりして、それでもって卒業して就職という過程の4年間で得られることってそう多くはないと思います。

 

なんのために東大にいっているのか?

 

ここまで聞くとなんかあんまり意味ないんじゃないかって思いますよね。

 

東大での生活

僕は東大に入って色々な人に出会いました。

 

起業したいと言って今からいろんな活動をしている人。

 

東大医学部に入るほどの頭を持つ人。(そんな人と直接話せる機会って人生そう多くない気がする)

 

プログラミングをすることを僕に誘ってくれた人。(今実際にPythonの勉強をしています。)

 

生物オリンピックで賞を取った人。

 

数学の国際大会で表彰された人。

 

本当にたくさんの人に出会いました。

 

いろんな刺激を受けましたし、自分の考え方もかなり変わりました。

 

東大に入ってよかったなと思うこと、それは

 

自分が東大生になったことではなく、東大生の友達がたくさんできたこと

これに尽きると思っています。