東大生のリアルな日常

毎日の出来事や思ったことをつらつら書いていきます、、、

関西弁と標準語

関西弁の印象

私は関西から東京に引っ越してきて、東大に通っているので、結構前まで関西弁を使っていました。

 

私の勝手な印象ですが、関西弁を話す人は面白いという期待を抱かれてるようなきがするのです。

 

なので、私は初対面の人とは標準語を話します。

 

面白いという期待を抱かせて、落としたら嫌じゃないですかw

 

(まあこの一連の話を最初のつかみにもしたりしますが、、w)

 

先輩の言葉

僕の先輩で起業もしてビジネスにも精通している尊敬できる方がいます

 

その人はどんな時も関西弁で話しています(四国出身)

 

その人にこの一連の話をしてみたんです

 

すると、『めっちゃわかるわwww』

 

みたいな返って返ってきました。

 

しかし、そのあと続けてでもな、初対面の人に使ってこそ活きてくることもあるで

 

関西弁で話すと結構フレンドリーでビジネスとかでもいい印象を抱かれやすいねん。

 

この話を聞いて、関西弁の良さに初めて気がつきました。

 

関西弁は諸刃の剣か

やっぱ使い所によって関西弁は強力な武器になります。

 

物事を多角的に捉えることで見えてくることもやっぱりあるものです。

 

このブログもそうですが、やっぱいろんな情報に自ら取捨選択して触れることは非常に重要だと思います。