東大生のリアルな日常

毎日の出来事や思ったことをつらつら書いていきます、、、

私なりの勉強の持論

少し勉強についてのお話を。。。。

私の恩師の言葉を借りて書きたいと思います。

 

受験勉強という登山をするなら、ピッケルを持っていくべきです。

 

ピッケルとは何かって?

 

普段は杖の代わりになって、登山の手助けしてくれます。

 

しかし、いざ滑落となった時、ピッケルで引っ掛けてあなたの命を助けてくれます。

 

勉強でいうとピッケルとはあなたの得意教科です。

 

しっかり握りしめておき、逐一メンテナンスを欠かさない。

 

苦手科目の克服もだいじだけど.....

先生によく言われませんか、苦手科目を克服しろ!!

 

これも凄い大事です。入試本番で足を引っ張る科目があっては受かりづらいのは当たり前です。

 

しかし、やってて萎えませんか??

 

勉強のモチベーションを高めるために得意あるいは好きな科目をやる、これってとてつもなく効率のいい勉強法だと私は思うんです。

 

本番という緊張する中で失敗しない人はほとんどいません。

 

失敗した時に一番重要なこと、それはメンタルを持ち直すことです

 

この時に役に立ってくれるのが、まだ俺には得意な数学が残っている!!といった得意科目からくる自信なんです。

 

だからこそ私は得意科目を本当に完璧にすることを勧めます。

 

私の恩師は言いました。

 

『苦手教科では不合格にはならない。得意科目で失敗した時が不合格だ。』と。

 

 

f:id:healtper:20170527000957p:plain